社会

ブログで紹介した本の一覧です。書評ページにリンクされています。

blog-image-985
「僕たちが親より豊かになるのはもう不可能なのか」
リヴァ・フロイモビッチ(著)

 
今日より明日はよくなる。そう信じられる時代は終わったのか。28歳のウォールストリートジャーナル記者が書いたレポートです。

 


「歴史は「べき乗則」で動く 種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学」
マーク・ブキャナン(著)

 
複雑系に関する科学読み物です。話の展開は広く、山火事、大地震、金融(市場の暴落)、進化、歴史と飽きさせません。

 


「ヤンキー化する日本」
斎藤環(著)

 
ヤンキー文化論です。ヤンキー概論および著者と6人の著名人との対談集になっています。

 


「ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体」
原田曜平(著)

 
マイルドヤンキーとされる人たちの特徴を、冷たいマーケティングの視点でまとめた本です。

 


「(日本人)」
橘玲(著)

 
東日本大震災(福島第一原発事故)で起きたことは、日本人の何を表しているのか。和を尊ぶといった典型的な日本人論ではない、世俗性から見た日本人論です。

 


「日本人というリスク」
橘玲(著)

 
本書は、単行本「大震災の後で人生について語るということ」を加筆修正し、タイトルを改めて文庫化したものです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA