「マーケットの魔術師」 ジャック・D・シュワッガー(著)

Pocket

 

トレードに関する名著とされる「マーケットの魔術師」シリーズ。原点となる第1作です。

おすすめ

★★★★★☆☆☆☆☆

 

対象読者層

マーケットに勝ち、大きな利益をあげたい人。

 

要約と注目ポイント

敏腕トレーダーである著者が、非常に優れたパフォーマンスのトレーダー18人にインタビューし、トレードの秘密に迫った。

聖杯を見つけた偉大なトレーダーたち

マイケル・マーカス

商品先物トレーダー。

ブルース・コフナー

主に為替取引を行うトレーダー。

リチャード・デニス

商品先物取引から出発し、成功を収めたトレーダー。

ポール・チューダー・ジョーンズ

長年にわたり、驚異的なリターンをあげ続ける先物トレーダー。

ゲーリー・ビールフェルド

穀物相場で集中的に取引し成功する。そののち債券取引を行う。

エド・スィコータ

開発したトレーディングシステムで、最高のパフォーマンスを出す。

ラリー・ハイト

役者と脚本家から転職し、徹底したリスク管理を特徴とするファンドを創設する。

マイケル・スタインハルト

株式市場を特異な洞察で見るファンドマネージャー。

ウィリアム・オニール

独自の手法で急騰する成長株を発掘する。

デビット・ライアン

ウィリアム・オニールの弟子で、成長株投資を行う。

マーティ・シュワルツ

10年間負け続けたあと、圧倒的なリターンを生むトレード手法を編み出した。

ジム・ロジャース

ジョージ・ソロスと設立したクオンタム・ファンドで、最高のパフォーマンスをあげる。その後は自身の資産を運用している。

マーク・ワインスタイン

徹底したテクニカル分析、多くの経験と優れたセンスにより、ほぼ100%の短期トレード勝率を誇る。

ブライアン・ゲルバー

ブローカー出身の、市場心理を読むのに長けたトレーダー。

トム・ボールドウィン

個人で巨額の資金を動かす、超短期トレーダー。

トニー・サリバ

巨額の利益をあげるオプショントレードを成功させながら、安定的なパフォーマンスも長く維持する。

バン・K・タープ

トレードで成功するための心理学を研究している。

エドワード・ソープ

確率の力でカジノに完勝した数学者。世界初のクオンツ・ヘッジファンドを創設。

勝利を収めてきたトレーダーたちは、何を考え、どのようにトレードしてきたのか。貴重なインタビュー集です。

 

書評

たくさんの成功者が出てきて、それぞれのトレード手法や投資哲学を語ります。知らない人もいますが、有名人もいます。

ジム・ロジャースは、日本のメディアにもよく登場します。私が書評を書いた本と、関わりのある人たちもいました。

「オニールの成長株発掘法 第4版」の著者ウィリアム・オニール。「ヘッジファンドⅠ・Ⅱ 投資家たちの野望と興亡」で取り上げられた、マイケル・スタインハルトとポール・チューダー・ジョーンズ。

18人のトレーダーが、成功の秘訣を語ります。なるほど、役に立つ教訓だと思うことはあります。

1回のトレードでの最大損失を限定する。ポジション全体のリスク管理。損切りは早く、利食いは遅く。感情的なトレードをしない。トレードがうまくいかないときは、トレード額を落としていく。規律を守る。などなど。

大成功するトレーダーは個性が強い人が多いので、インタビューでも面白い言い回しや例えなどをします。奥深いような発言をたくさん読んでいくと、自分も何かすごいことがわかったような気持ちになりやすいです。

しかしトレードを始めたばかりの人が、この本を読んでうまくいくとはあまり思えません。こういう本を読むと、自分も大儲けできるような気になりますが、読んだだけでは勝てません。

本書が役に立つのは、毎日相場の研究を重ね、自分のトレード結果をずっと検証しているような人でしょう。そんな人なら、多種多様なトレーダーの話の中に、自分の売買手法に合うヒントを見つけることもあると思います。

各トレーダーで手法が違うので、教訓も異なります。

損切りの基準を決めている人もいれば、損切りポイントを決めていない人もいます。1つのトレードを、必ず資産全体の一定比率以下に限定する人もいます。チャンスと考えたトレードに、とても大きな比重をかける人もいます。

そのようなわけで、かなり分量のある本ですが、各読者にとって有益な部分はそれほど多くないような気もします。
(書評2015/07/02)

アマゾンでのご購入マーケットの魔術師
楽天でのご購入マーケットの魔術師

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA