「超簡単 お金の運用術」 山崎元(著)

Pocket

 

一般人が手間をかけずに、でも合理的に投資をする方法とは?投資をしない普通の日本人でも、楽に資産運用ができる本です。

おすすめ

★★★★★★★☆☆☆

 

対象読者層

投資に関心がなく、面倒なことは嫌な一般人。
合理的に資産運用したい人。
難易度は、運用方法については入門書から初級者レベル、その理由の解説は初級者レベルと思われます。

 

要約と注目ポイント

一般人にとって、資産運用は仕事でも趣味でもない。普通の人のための、極めて簡単で、現実的にはベストに近く、かつ無難な運用方法を提示する。

超簡単 お金の運用法

①当座の生活に必要なお金を、普通預金で持つ。

②残りの全額で、株式に投資するETFを、日本株4割と外国株6割の比率で買う。
(③全額株式が怖ければ、リスクをとることに気が進まない分のお金を、10年満期タイプ個人向け国債かMRFに投資する。)

④大きなお金が必要になったら、②または③を躊躇なく部分解約する。

⑤健康保険・国民年金・(必要なら自動車保険・火災保険)に必ず入る。

⑥必要なら、安い死亡保障の生命保険(定期保険)に入る。

⑦確定拠出年金は利用する。

非常用のお金を残します。そして全額をインデックス投資します。保険は見直して、節約します。

運用法の解説

買うETFは、日本がTOPIX連動型上場投資信託(コード1306)か上場インデックスファンドTOPIX(コード1308)、外国がiShares MSCI KOKUSAI Index(ティッカーTOK)。

コストが高くつくので、借金はしない。①の普通預金は借金を避けるため。

長期投資では、株式が有利だ。②の比率だと、リスクが小さくなる。

ペイオフを考慮して、③では国債とMRFとした。1000万円以下なら、銀行預金も保護される。

④の通り、解約は躊躇するな。現在の判断が重要で、過去の買値は関係ない。

保険は付加保険料(手数料に該当)が非常に高い。不要な保険には入らない。高額療養費制度があるので、健康保険には入る。自動車を運転するなら自動車保険、自分が火元になることを考えるなら火災保険にも入る。

税金からも保険料が払われることや、確定拠出年金利用の条件でもあるので、国民年金にも入る。(⑤と⑥)

確定拠出年金には、非課税のメリットがある。運用資産全体のうちの一部として考え、手数料も考慮して選ぶ。(⑦)

そのほか、投資の考え方のポイントや注意点など。

解説を読むことで、なぜそのように資産運用するのか、運用法の理由がわかります。

 

書評

さすがという内容。読後感はすっきり感です。なんかすっきりします。

投資に興味がなく手間もかけたくない一般人が、実行可能で、かつ、並み以上のパフォーマンスも期待できる手法を考察しています。ほかに、投資にまつわる注意事項も、簡潔で分かりやすく解説しています。

しかし逆説的ですが、投資について自分で勉強して、試行錯誤しながら実行した経験(少し損もしたりとか)を持つ人でないと、本書のシンプルさの凄みが実感できないという。
(書評2013/06/09)

アマゾンでのご購入超簡単 お金の運用術
楽天でのご購入超簡単 お金の運用術

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA