「クルマは家電量販店で買え!価格と生活の経済学」(文庫版) 吉本佳生(著)

Pocket

 

「スタバではグランデを買え!価格と生活の経済学」の続編です。身近なところから経済が学べる本です。

おすすめ

★★★★★☆☆☆☆☆

 

対象読者層

経済やビジネスに関心のある人。
気楽に読みながら勉強になる系の本かと思います。
一般人向けですから、わかりやすさ重視で書かれています。

 

要約と注目ポイント

以下の内容を具体的に説明しています。

同じ商品なら同じ価格という一物一価が原則だが、現実には取引コストがあるため価格差が生じる。

大量に生産する工業製品は、生産量が多くなるほどコストが下がる。

企業の戦略としては、各消費者が支払える金額に応じ、各商品の価格設定をして利益を最大化する。

経営上、料金設定のときに重要となるのは稼働率である。

価格差は、裁定取引によって縮小する。

オークションの仕組みや囚人のジレンマの説明。それをふまえて、企業や製品が競合する場合の価格の決まり方について考える。

経済やビジネスにおいて、値段がとても重要であることがわかります。さりげなく商品についている価格の裏には、深い意味がありました。

 

書評

要点だけ見ると素っ気無いですが、具体例をあげながら解説しているので、ふーむなるほどと読めます。著者の考察(主張)が、すべて正しいかはわかりませんが、経済学的な論理の組み立て方は勉強になりました。

京セラの稲盛会長の言葉に「値決めは経営である」というものがありますが、価格をどのような考え方で決定するかは、極めて重要なんだなと感じました。
(書評2013/04/15)

アマゾンでのご購入クルマは家電量販店で買え!価格と生活の経済学
楽天でのご購入クルマは家電量販店で買え!価格と生活の経済学

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA