「信用取引の基本と儲け方ズバリ!  新取引ルール対応」 福永博之(著)

Pocket

 

信用取引の入門書です。信用取引の基本的事項が、きっちり解説されています。

おすすめ

★★★★★★☆☆☆☆

 

対象読者層

信用取引をはじめから学びたい人。

 

要約と注目ポイント

信用取引とは

信用取引とは、委託保証金という担保を証券会社に差し入れ、証券会社から資金や株式を借りて売買する取引である。

信用取引の特徴は、自己資金の約3倍の取引ができることと、取引を売りから始められることである。

信用取引には手数料に加えて、管理費などのコストがかかる。ほかに買いでは金利がある。売りでは貸株料や品貸料(逆日歩)、配当相当額の支払いがある。

また、株主優待はもらえない。長期にわたって信用取引すると、コストの負担が大きくなることに注意。

信用取引は売りもできるし、レバレッジもかけられます。ただし、いろいろなコストに注意が必要です。

信用取引を始める

信用取引口座開設についての説明。

信用買い

売買のタイミングが合えば、自己資金以上の利益が得られる。

買付代金や金利などの費用を払えば、現物株として引き取ること(現引きによる決済)が可能。

信用売り

下落相場でも利益が出せる。

現物株を保有している場合は、信用売りでリスクヘッジできる。

市場で買い戻すかわりに、保有株で返済することもできる。

取引のルール

信用取引では、保有する株や投資信託、債券などを代用有価証券として担保にできる。

株は、前日終値に掛目という利率をかけたものが評価額となる。相場環境が良いときは掛目は低く、悪いときは掛目は高く設定される。

信用取引には、制度信用取引と一般信用取引がある。通常、信用取引とは制度信用取引を指す。

制度信用取引は取引所がルールを定めていて、6カ月以内で決済しなければならない。また、取引できる銘柄は取引所が決める。

一般信用取引は、個別の証券会社がルールや銘柄、期限を定めている。一般信用取引では金利が高く、売りができない場合が多い。

制度信用取引で、買いも売りもできる銘柄を貸借銘柄、買いだけの銘柄を信用銘柄という。貸借銘柄より信用銘柄の方が、株価が一方に動きやすい。

信用取引独特のルールも、わかりやすく説明されています。

信用取引で儲けるには

信用取引では、ロスカットなどのリスク管理がとても重要である。

委託保証金率は約定代金の30%、委託保証金維持率は約定代金の20%であるので、保証金には余裕が必要である。維持率を下回ると追加保証金が発生し、決済が強制されることもある。

信用取引の実例の解説。

デイトレードでの使い方。

クロス取引(現物買いと信用売り)について。

IPO銘柄について。

スイングトレードについて。

信用取引のやり方を、実例を通して学びます。

信用取引で知っておくべきこと

信用取引情報

東京証券取引所が、毎週第2営業日に信用取引残高を発表する。これにより、相場全体の買いと売りの残高がわかる。

信用評価損益率は、日経新聞が毎週第4営業日の朝刊で算出している。信用評価損益率がプラスに近づくと天井に近く、大きくマイナスになると底入れに近いと言われている。

東証は毎週第2営業日に、信用倍率を発表する。買い残の比率が低いと上昇しやすい。

日本証券金融株式会社では、毎日、融資(買い)と貸株(売り)の残高を発表している。信用倍率が1倍より低くなると、逆日歩が発生して買いが増えやすい。

逆日歩の銘柄は、日証金のホームページの品貸料率一覧表でわかる。

回転日数が5日より短くなると、過熱感がある。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析について。

信用取引で注目しておくべき指標がわかります。

信用取引のポイント

まず含み益をつくり、利益はしっかり確定させる。ロスカットも重要。

銘柄の特徴を見てから売買する。

買いは、好需給の銘柄を選ぶ。

売りは、株価が下落しながら貸借倍率が大きくなっている銘柄を選ぶ。

信用銘柄の動きは、一方通行になりやすい。

逆日歩が発生したときは、踏み上げに注意。

2階建ては厳禁。

取引過熱時の規制強化(委託保証金率の変更など)に注意。

ETFの信用取引について。(リスクヘッジなどに利用。)

信用取引の特長を生かすトレードを解説します。レバレッジがかかっているので、資産管理がとても大切です。

 

書評

信用取引をはじめから学びたい人には、良い本だと思います。信用取引の基本事項が、わかりやすく説明されています。この本で信用取引のことは、一通り理解できるようになりそうです。

チャートをあげて取引の実例をいろいろ解説しているのですが、これらはすべてうまくいった例です。信用取引でどれだけ利益が得られたか、シミュレーションしています。

実際はそこまで思い通りに株価は動かないので、ちょっと出来過ぎ感はあります。

著者はレバレッジをかけて儲けることを想定していますが、私はレバレッジをかけるつもりはありません。

現物株を買うだけで十分リスクはとっています。ただ売りについては研究したいので、信用取引も勉強していくつもりです。

なお本書では、ETFを信用取引に使ってリスクヘッジしたり、サヤ取りについて触れたりしています。

売りを工夫して組み込めば、面白い取引手法をつくれたりするかもしれません。頭を使えば、自分の目的に合わせたトレードを開発できるかも。

信用取引にはいろいろと発展性も感じました。
(書評2014/10/07)

アマゾンでのご購入信用取引の基本と儲け方ズバリ!  新取引ルール対応
楽天でのご購入信用取引の基本と儲け方ズバリ!  新取引ルール対応

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA