「起業家2.0 次世代ベンチャー9組の物語」 佐々木俊尚(著)

Pocket

 

日本のIT系起業家を取り上げた本です。2000年から2007年頃の日本のITベンチャーがどうだったのか、見えてきます。

おすすめ

★★★★★☆☆☆☆☆

 

対象読者層

本書で取り上げられている9社の創業者や、会社に興味がある人。
2000年から2007年頃の日本のITベンチャーに興味がある人。

 

要約と注目ポイント

以下9社の創業者の半生について、および起業の経緯や会社のビジネスについて書かれています。

mixi、はてな、チームラボ、フォートラベル、エニグモをつくった起業家たち

エニグモ

(須田将啓氏、田中禎人氏)

mixi

(笠原健治氏)

アブラハム・グループ・ホールディングス

(高岡壮一郎氏)

ゼロスタートコミュニケーションズ

(山崎徳之氏、羽田寛氏)

チームラボ

(猪子寿之氏)

ルーク19

(渡辺明日香氏、飯島淳代氏)

paperboy&co.

(家入一真氏)

フォートラベル

(津田全泰氏)

はてな

(近藤淳也氏)

成長を遂げた日本のITベンチャーの、歩んできた道がわかります。

 

書評

出版が2007年末なので、出版当時と現在では事情がかなり変わっています。成功している会社、買収された会社、苦境にある会社とさまざまです。

本書では、9社すべての前途が明るく描かれていますが、ビジネス環境の変化の速さはすさまじいです。勝者と敗者の立場がすぐに変わります。2013年の現在から、苦境にある会社の創業者を笑うつもりもありません。ただ個人にせよ会社にせよ、生存競争の厳しさを感じるのみです。

2000年から2007年頃までの日本のITベンチャーに興味があるとか、取り上げられた9社やその創業者に関心があるといった人でなければ、あえて今読む必要がある本ではないと思われます。
(書評2013/11/12)

アマゾンでのご購入起業家2.0 次世代ベンチャー9組の物語
楽天でのご購入起業家2.0 次世代ベンチャー9組の物語

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA