カテゴリー別アーカイブ: 歴史

「奴隷のしつけ方」 マルクス・シドニウス・ファルクス/ジェリー・トナー(著)

 

貴族が奴隷をどう扱ったか、その実例から2世紀前後のローマ帝国を見ていきます。興味深い題材で、入り込みやすいローマ史の案内書です。

おすすめ

★★★★★☆☆☆☆☆

 

対象読者層

ローマ史に興味がある人。

 

要約と注目ポイント

・本書では、古典学研究者である著者が、仮想の貴族の語りを通じてローマ帝国の社会を解説する。貴族は奴隷をどのように見てどう扱ったか、貴族の奴隷管理からローマ社会をわかりやすく説明していく。

・ギリシャ人は、生まれながらの素質として、自由人と奴隷は異なると考えた。ローマ人は、生まれながらに自由人と奴隷が違うとは考えず、社会慣習であるとした。(ローマはどんどん拡張し、異国人を取り込んでいった。)

・ローマ共和制のころ、入植地を富裕層が手に入れ、買った奴隷に農作業をさせた。奴隷は子供が多かった。そのため、奴隷が増えた。

・主人たる家長は、ファミリア全体を維持し繁栄させるため、奴隷管理もしっかり行う必要がある。家という単位にとって、奴隷は基本要素である。ただし、奴隷は主人に絶対服従させる。しつけの行き届いた奴隷が多くいる主人は、格が上がり見栄が張れる。

古代ローマの世界を、ケンブリッジ大学の古典学研究者が貴族の語りを通し、面白く説明します。

奴隷の評価や売買について。

そもそも奴隷は、奴隷商人などにさらわれるか、貧困のためか、戦争で捕虜になったために奴隷になる。

どのような奴隷が売られているのか、家長はどのような性質の奴隷を買うべきか、どういった仕事をさせるのか。

奴隷は基本的に高額商品である。奴隷の購入は、農場では労働力にするための投資になるが、都市の富裕層では顕示的消費と言えるかもしれない。

奴隷を活用するために。

奴隷には、早く奴隷という身分に慣れさせよ。主人は上に立つものとして、奴隷を公正に扱うべし。

仕事に応じて、指導や訓練を行う。奴隷には適量の食事、仕事、罰を与える。良い働きには良い待遇を与え、長年の労働には、家族をもつことを許可したり、解放で報いる。

役割分担と責任をはっきりさせる。農場管理人など、奴隷を管理する奴隷は注意深く選ぶ。

主人は定期的に領地を視察して、奴隷の堕落を防ぐべし。

奴隷の性について。

主人が女奴隷と性的関係をもつのはOK。主人が青年や少年の奴隷と関係をもつのもOK。女奴隷が主人の子を産んだ場合、奴隷として嫡子の世話係にするのもOK。

働きによって、奴隷同士の婚姻も認めるのが良い。奴隷同士の子は家内出生奴隷となり、ファミリアに貢献する奴隷となる。

現代の観点からすれば性的虐待は多発しており、奴隷の精神に有害だったと考えられる。奴隷は強く解放や自由を願っていたようで、自意識や自尊心があったと推測される。

奴隷は資産ですが、人間です。その矛盾が、現代から見ると奇妙な慣習を生みます。

奴隷という存在について。

共和制のころは、主人が家長で奴隷は家人という、ひとつの世帯とみなす感覚もあったようだ。帝政期に贅沢も極まってくると、奴隷は完全に卑しい存在となった。

ストア派など一部の人は、奴隷の内面を重視し、奴隷に対し道徳的にふるまうべきと考えた。ただし社会全体では、高潔な主人がよく指導すれば、奴隷も優れたふるまいをする、という程度の認識だった。

奴隷への罰と拷問について。

奴隷への体罰はまったく通常の行為だ。ただ罰を限定的にしようという意識はあった。重罪を犯した奴隷は、酷使されたり処刑されたり猛獣刑(ライオンに食われる)になるのが当然だった。奴隷の処罰の判断が、皇帝に委ねられることも多かった。逃亡奴隷は重罪である。

奴隷を拷問にかけるのは、裁判で証言させるときだ。奴隷は道徳的に劣るので、拷問にかけないと真実を言わないからだ。このほか、主人が殺されたとき、そばにいたのに助けようとしなかった奴隷も、拷問にかけたうえで処刑される。

奴隷の楽しみについて。

奴隷の楽しみや息抜きとなったのは、年に1回のサトゥルナリア祭で、はちゃめちゃな無礼講だった。都市部の家内奴隷は、祭りを大いに楽しめただろう。

奴隷は奴隷ですけど、人間です。意志も人格もあるのに奴隷扱いでは、収まらないこともあるでしょう。

奴隷の反乱について。

奴隷は敵となるということを、主人は心構えとしておかなければならない。シキリア島の反乱、そして大規模なスパルタクスの反乱の例がある。いずれも、奴隷所有者の残虐な使役が原因となっている。

また反乱ではなくても、家内奴隷による主人殺しや、主人を告発するといった反抗もある。仕事をさぼったり、主人の悪い噂を流すということはよくある。家内奴隷の管理には、細心の注意を払うべきだ。

奴隷の解放について。

奴隷が解放される手段は主に3つ。主人が死んだときの遺言、主人が生きている間の主人の判断、奴隷が自分のお金で自分を買い取る。奴隷解放には法的な取り決めがあり、契約書を作成するのがよいだろう。

奴隷は解放後、解放奴隷となる。主人が保護者、解放奴隷が被護者として、関係は継続する。家内奴隷の方が解放されやすく、農場の奴隷は解放されにくかったと推測される。奴隷は5~20年ほど働くと解放されたらしく、好ましい人物とみなされればローマ市民になれた。

解放奴隷は、成り上がろうと野心を持つ者が多い。そして実際に、富豪となる解放奴隷の例もみられる。皇帝の奴隷や解放奴隷には、皇帝の側近として力を手にした者もいた。

キリスト教徒と奴隷について。

キリスト教徒は慈悲と施しを説くが、キリスト教徒も奴隷の扱い方は変わらなかったようだ。初期のキリスト教では、奴隷は不道徳な行いをすると考えていたし、奴隷制を批判することもなかった。

奴隷は人間ですから。人間みたいに感じ、行動しますよ。人間だもの。

 

書評

ローマ帝国における権力者、富裕層といった人々が、どうやって奴隷を管理したか。この観点からローマ社会を解説していきます。これだけでもかなり、読者の興味を引くためにエンターテインメント色が強い感じがします。ですがさらに、当時の貴族が書いた本という形態をとっており、「つかみ」を意識しているようです。

そんなわけで、気楽にガツガツ読み進められます。小ネタとなるエピソードも満載です。私は歴史に弱いので判断できないのですが、著者は古典学者なので、内容に大きな誤りはないのでしょう。ゆるい気持ちで、ローマ社会史・生活史の入門書として読めます。

本書は仮想の貴族の語りと、著者の解説の二本立て構成です。解説部分には参考文献が記載されているので、さらに詳しく勉強もできます。

私はもうちょっと硬い形式で書かれていても、気にならないのですが、今は読者が読みやすいように学者も配慮する時代なのでしょう。

逆に真面目な人は、エンターテインメント色や、ややブラックな味付けが気にかかるかもしれません。まあ肩に力を入れずに読めば、どういう立場の人でも、ローマ史の読み物として楽しめるでしょう。

なお本書は、人をどう動かすか、目的のために人をどう使うか、という経営論やリーダーシップ論の視点からも書かれています。

ローマ社会史入門とリーダーシップ論を、同時に読みたいという人がいるのでしょうか。焦点をローマ史だけに合わせるか、古代に学ぶ経営論だけとするのか、両方盛り込むのか、この点でも好みがわかれるかもしれません。
(書評2015/09/15)

アマゾンでのご購入奴隷のしつけ方
楽天でのご購入奴隷のしつけ方

「天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」」 藤田達生(著)

 

当ブログとは関係の薄い分野の本ですが、備忘録代わりということで。しかし、私の歴史知識はイイクニつくろう鎌倉幕府レベルなので、要約が正しいのかどうか。

おすすめ

★★★★★☆☆☆☆☆

 

対象読者層

戦国時代が好きな人。

 

要約

・戦国大名領国制が深化し分権化したことで、強力な大名が地方に出現し(織田信長)、天下を統一するに至ったというのが従来の見解。しかしこの過程は中央集権化をめざす動きとみるべきで、信長ただひとりが集権化を考えていた

 

織田信長

信長台頭の前提。
①当初は伝統権威(足利将軍・朝廷)を利用し地域統合を進めたが、のちに権威構造と対立する。
②家臣団を本領から切り離し、兵農分離と集権化を行う。歩兵中心の軍隊、長槍と鉄砲の大量配備と効率的運用。
③反抗する一揆と民衆を徹底的に殲滅する。秀吉も同様に殲滅戦を行い、民衆を排除し抑圧して天下統一を果たす。ヨーロッパの絶対王政の否定(民主革命)とは対極の形。

信長が常備軍を置けた背景には、銭貨収奪システムがあった。尾張統一の過程で、保護した寺院や都市(津島や熱田)から徴税したと考えられる。

尾張と美濃の支配には、将軍の権威を利用した。信長も美濃支配の時期は、他の大名と同じく室町幕府再興が領国支配安定化につながると考えていた。天下布武も足利義昭を奉じて上洛し、畿内に武威を示し幕府復興をめざしたもの。

・信長は次に伊勢を掌握することで、東海道および太平洋海運を押さえ、桑名、安濃津、大湊といった有力港湾都市を支配した。港湾都市の流通と平和を保障し莫大な租税を集めることで、強力な軍事力を持つことができた。その軍事力でさらに商業圏を広げていった。

・1568年に信長は足利義昭を奉じて上洛する。義昭は傀儡とされてきたが、この段階では信長は幕府外様衆という立場にあったと考えるべきだ。1570年には両者に確執が生じている。

次に信長は越前朝倉氏を攻撃する。越前は日本海流通の要港を持っていた。近江国友村の鉄砲鍛冶には、敦賀経由で出雲産の鉄が運ばれていた。

・1570年に浅井氏が離反すると、浅井、朝倉、大坂本願寺、一向一揆、三好三人衆などで反信長勢力が形成される。1572年に武田信玄が西上する。このころ義昭は、信長と反信長派のどちらとも関係を持っていたと思われる。1572年に信長は自らを、天皇を直接支える武臣であるとし、天下の実権を明らかにねらう態度を示す。

・1573年に義昭は信長に対し挙兵するが敗れ、室町幕府が滅亡したとされる。しかし義昭にはその直後に帰洛の機会もあった(信長と毛利氏との交渉)。信長は義昭の幼児を庇護し、将軍にする意向も示している。謀反人という立場にならないよう、反信長勢力に名分を与え一斉に決起しないよう、信長は配慮している。この時点で幕府体制がなくなったとは考えられない。

尾張、美濃、伊勢を支配していたころの信長は、義昭を推戴し幕府を支える地方政権だった。その後の信長の領土拡大行動が義昭との対立を招くが、1573年頃の時点でも信長は、支配の正当性のため朝廷や幕府の権威を必要とした

・鞆の浦に亡命した義昭は、毛利氏の軍勢を公儀の軍として対信長戦を開始した。急速に領土を拡大した成り上がり者の毛利氏としても、将軍の権威は利用価値があった。義昭は自身の外交力により、毛利のほか上杉、武田、波多野、別所などと連携し、松永久秀や荒木村重の反乱とも協調して信長と戦った。鞆の浦に幕府が移った1576年から大坂本願寺が信長と講和した1580年までを、鞆幕府と信長政権が並立した二重政権の時代と考える。

・1575年に信長は権大納言兼右近衛大将に任官され、将軍相当者としての権限を掌握した。信長は武家の棟梁とみなされ、1576年の安土城入城をもって、安土に武家政権が誕生したと考えられる。1579年に宇喜多氏、南条氏が信長方につき、1580年に大坂本願寺が講和したことで信長の優位は決定的となった。

・四国の長宗我部氏は明智光秀を介し、1580年まで信長に帰属していた。その後長宗我部と信長の関係は悪化し、毛利と長宗我部は同盟関係となる。反信長勢が劣勢となると、毛利に属していた海賊衆の一部や長宗我部と親密だった紀伊雑賀衆は、信長方に属した。東国の大名も武田、上杉以外は信長を将軍相当者とみなし、友好関係にあった。1582年には武田氏が滅亡し上杉勢が敗退し、中国四国攻めが準備され、信長による天下統一は目前となった。

信長は占領地で城割(城館の破却)と指出検地を行った。こうして織田領となった土地に、家臣を代官として派遣し領地、領民、城郭を預けた(近世知行原理の導入)。天下人となった信長は全領を掌握し、重臣といえども諸権限を預けられた代行者にすぎなかった。検地により軍役の賦課基準が明確となり、知行替も可能となった。信長は自らを、天下を預かっている存在とし、家臣の能力を査定して実力に応じ領地を預けた(預治思想)。安土城の配置や構造物から、中国の古代思想の影響がうかがえる。

信長は大坂本願寺との講和後、全国の大名の紛争に介入し、将軍権力と言える停戦令を発している。(毛利と宇喜多、島津と大友、長宗我部と三好との間の停戦令。)光秀は長宗我部や毛利との和平交渉を進めていたが、光秀のライバルである秀吉は対毛利主戦派であった。当初信長は毛利との和睦に前向きだったが、鳥取城攻略を契機に方針を中国征伐に変更した。また秀吉と関係の深い三好康長を支持し、四国征伐も決定された。

・中国攻略後には、西国に秀吉派閥の大名が配置される予定であった。また信長は旧来の重臣を周縁部へ国替えし、近習や一門を取立て畿内とその周辺に配置する予定だった。織田政権の外交方針における光秀派の敗北、重臣の畿内から辺境への国替えなどが本能寺の変の原因となった。

 

豊臣秀吉

・山崎の戦いで勝利した秀吉だが、すぐに政権を担えたわけではない。清須会議後、丹羽長秀や池田恒興と謀って織田信雄に家督を継がせた。賤ヶ岳の戦いの後も織田信雄が天下人を継承していたが、秀吉が政権奪取に動き出す。京都を支配していた信雄に対し、大坂城を築城し大坂への遷都を画策して挑発した。織田体制継承をめざす信雄と天下人をねらう秀吉とは、小牧・長久手で戦うことになるが、秀吉が天下を掌握することになった。

秀吉は政権確立の過程で信長の統治手法を受け継いだ。占領地(中国・和泉・紀伊・四国・越中・飛騨)に豊臣方の大名を置き、検地と刀狩り(和泉・紀伊)で兵農分離を進めた。さらに全国的に国替えを行い、大坂付近は直接支配し、周辺を近習や一門で占め、その外側を直臣大名とし、外縁部に服属大名を置いた。こうして信長以上の集権体制を確立した。

・秀吉は大友氏を臣従させた後、九州攻撃をみすえて家康も服属させた。島津氏を降伏させると小早川氏を九州に転封し、西国の支配体制を固めた。また国際貿易と外交権も掌握しようとした(賊船禁止令・バテレン追放令)。

・秀吉は検地と刀狩りを徹底し、服属した大名の官位序列を整えて政権基盤を固めた。信長は天皇の権威とは一線を画した革命をめざしたが、秀吉は天皇に接近し武家でありながら公家政権を樹立し、主従制原理に官僚制原理を導入した

・戦国時代の軍制は、国人がその家臣団を率いて大名の軍事力を構成するものだった。豊臣政権の時代には、大名軍隊内部に独立した戦闘単位として備が編成され、武者大将や軍奉行の指揮のもと、それぞれの役割に応じ運用された。

北条氏の降伏と奥羽仕置(奥羽一揆の殲滅)で天下統一はなされた。全国で検地と城割が実施され、人質を在京させた。聚楽第には大名屋敷が建設され、参勤に従う武士が集まり、商工業者などが増え、人口が大量に流入した。しかしのちに首都機能は伏見に移動する。

・秀吉は朝鮮出兵に執着したが、戦況は芳しくなかった。1595年に秀吉側近の石田三成らが豊臣一門大名の排除をねらった事件(豊臣秀次粛清)を起こす。秀吉政権内は、三成ら側近と彼らに近い外様大名衆、および豊臣一門衆の2つのグループに分かれていた。三成らは集権的な軍事国家をめざし外征に肯定的で、一門衆は内政重視で外征に否定的だった。側近は淀殿系人脈と重なり、一門衆は北政所や賤ヶ岳の七本槍の人脈に近く、内部分裂は秀吉の死後、関ケ原の戦いの原因となる。

 

書評

信長と秀吉がどのように支配を確立していったのか、最近の研究成果をもとにした考察です。別の学説もあったりするようで、どのくらい妥当なのか素人にはさっぱりですが、なかなか面白いです。

天下統一の過程で、信長や秀吉の重臣が、与えられた国を数年で移動するのを不思議に思っていました。武士は代々の領地に命を懸けるものと思っていましたので、そんなことできるのかと。秀吉が北条氏を滅ぼした後に、家康に三河から武蔵へ領地の国替えを命じますが、よく家康は従ったなと疑問でした。三河は先祖代々の土地だろうに、配下も含めて不満はないのかと思っていましたが、地方領主から権力を奪い中央集権化する過程だったわけです。国や領民、城郭は天下のものという思想が信長の時代に初めて出現したというのは勉強になりました。本書を読むと確かに信長以前が中世の戦国時代で、信長以後に近世が始まったという気がしてきました。

本能寺の変の原因として、昔は信長が光秀を苛めていたからだみたいな話を聞きました。最近は信長重臣の待遇の問題とか、信長と朝廷との関係をあげる人が多くなったような気がします。信長は足利将軍の権威を凌駕したあと、最後には天皇をも超越しようとしていたのが割とガチっぽいのは驚きます。信長の発想や思想は、時代の先を行っていたと思います。
(書評2014/06/30)

アマゾンでのご購入天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
楽天でのご購入天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」