「ETF投資入門」 カン・チュンド(著)

Pocket

 

ETFの入門書です。個人投資家に最適なのはインデックス投資ですが、それにはETFは欠かせません。

おすすめ

★★★★★★☆☆☆☆

 

対象読者層

ETFについて勉強したい人。
投資を始めたので、インデックス運用など基本を学びたい人。
難易度は入門書から初級者向け。

 

要約と注目ポイント

ETFとは

ETFは、投資信託がひとつの銘柄として、株式市場に上場したものである。ETFは、市場平均の指数に連動するインデックスファンドである。

ETFには、国内ETFと海外ETFがある。国内は円建て、海外は外貨建てである。ETFは、株式市場にて口数単位で購入する。海外ETFでは、売買委託手数料や為替手数料がかかる。

ETFの特長

ETFのメリットは、透明性が高い、流動性が高い、維持コストが安い、種類が豊富。

ETFのデメリットは、売買手数料がかかる(特に海外)、最低の売買単位が投資信託より高額、分配金の再投資が自動ではできない、スプレッドが生じる、金額で指定して売買できない。

ETFのコストの安さは、投資信託における販売会社が存在しないため。また、受益証券を設定することで、ETFの売買に伴うファンド内の銘柄の売買が発生しないので、手数料が抑えられるため。

ETFは低コストのインデックス運用なので、市場全体の成長からリターンを得られる。そのため長期保有に向いている。

長い目で見て投資をするなら、市場の指数に連動した株式などのインデックスファンドを、毎月積み立てで購入していくというのが基本です。ETFにはインデックスファンドにない利点があるので、投資に慣れてきたら、ETFも買ってみたくなるはずです。

ETFで投資を始める

ETFには、株式、債券、不動産、商品、通貨、派生型などがある。また、国別、地域別、大型株や小型株、セクター別、特性などでも分類できる。

ETFで想定されるリスクは、市場リスク、流動性リスク、為替リスク、上場廃止リスク、トラッキングエラー・リスク(指数との乖離)、理論価格との乖離リスク。

商品ETFなどには、現物資産の裏付けがない場合がある。(カウンターパーティーリスクがある。)

ポートフォリオの考え方。その実例。

ETFは種類が多いのですが、純資産額が少ないとか、取引の出来高が少ないなど、購入に適さない商品もあります。長く買い続けたいので、コストが低くて安定感のあるETFを選びたいです。

 

書評

ETFに特化した入門書ですが、意外と細かいところまで説明していて、新しく知ったことも多くありました。長期投資ではETFを利用することになりますので、基本的なことは知っておく必要があります。本書は、ETFを学ぶのに使える1冊と思われます。

出版後に、日本でもレバレッジ型やショート型のETFが登場したり、ネット証券で外国のETFの取り扱いも増えたりしています。初版後ほぼ3年経ちますので、そろそろ改訂が待たれます。
(書評2013/07/07)

アマゾンでのご購入ETF投資入門
楽天でのご購入ETF投資入門

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA